【顧問先限定】2022年4月施行 改正育児休業法で変わる企業実務対応WEBセミナー

6月に成立し、来年の2022年4月からの施行が決まった育児介護休業法の改正。制度周知、環境整備の義務化や、保険料免除の制度変更など、実務に影響がある割に施行日まで約半年とあまり準備期間がありません。
本セミナーで改正の内容を押さえていただき、会社も従業員も安心して休業に入れる準備を一緒に整えていけたらと思っています。

セミナー概要:

日時
2021年08月27日15:00から16:30(受付開始14:30)
申込期限
2021年08月20日 12:00
料金(税込)
無料
場所
WEBセミナー(Zoomを使って行います。)

セミナー講師:

松林 大樹

コステム社会保険労務士事務所 代表

社会保険労務士
PHP研究所認定チームコーチ

セミナー詳細:

「男性従業員から、1年間育児休業に入りたい申出が…。代替要員は?引継ぎは…?」
「会社の育児休業について説明してください。」と突然言われても…。
「社会保険料、新しい保険料免除、いつからいつまで免除したらいいのか…?」
などの問題が起こってくると思われます。

6月に成立し、来年の2022年4月からの施行が決まった育児介護休業法の改正。
新たに誕生する独自の男性育児休業などがテレビニュースやインターネットで取り上げられ、
従業員からも関心がある法改正です。
制度周知、環境整備の義務化や、保険料免除の制度変更など、実務に影響がある割に
施行日まで約半年とあまり準備期間がありません。

本セミナーで改正の内容を押さえていただき、
会社も従業員も安心して休業に入れる準備を一緒に整えていけたらと思っています。

■現行の育児休業制度・社会保険料免除・給付金の概要をおさらい
■育児休業等の個別周知・取得意向確認の義務化への対応
■雇用環境整備の義務化とは?
■有期雇用労働者の育児休業の取得要件の緩和の影響
■分割取得が容易に!
■新たに創設された 男性版育休 出生時育児休業制度とは?
■取得状況の公表
■育児休業給付金、社会保険料免除の制度の改正とは?

同業者の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

こちらのセミナーは
終了致しました。

    下記のメールフォームからメールマガジンにご登録いただくと、最新のセミナー・研修情報や、人事・労務に役立つ情報をお届けいたします。

    会社名
    お名前*
    メールアドレス*