就業規則

会社を守り、社員満足を向上させる
就業規則づくりをサポート

就業規則はありますか?就業規則は実態と即していますか?
会社が目指す方向とあっていますか?
就業規則は会社の成長とともに変わっていくルールブックです。

就業規則は会社のルールブック

就業規則は、会社運営にとって必要不可欠なものです。いわば、「会社のルールブック」です。就業規則がない会社は、ルールが明文化されておらず、社長の頭の中にだけという状態です。

また、就業規則があっても「実態と即していない」「想定している範囲が狭すぎる」「企業が求める働き方と違っている」などの「就業規則の質」も問題となります。

就業規則は個社特有のものを。

インターネット上にあるサンプルや、モデル就業規則は「どの会社にも当てはまる」ように作られています。しかし、業界の労働慣行や会社特有の文化に当てはまらない部分も多く、「実態」と「今後」に合わせた就業規則づくりをおすすめしています。

コステム社会保険労務士事務所が蓄積したノウハウを活かし労務トラブルを減らし、職場環境・風土づくりに資する就業規則づくりをサポートいたします。

決まっていますか?

  1. 従業員が妊娠した場合の対応
  2. 欠勤したときの給与計算の方法
  3. 問題行動を起こす従業員を解雇したい

会社運営の中で起こる様々な出来事をその都度の思いつきで判断していると従業員とのトラブルになりかねません。

想定される様々な自体に対応した会社のルールブックを「先に」作成しておく必要があります。万が一従業員とトラブルになった際にもスムーズに問題解決に導くことができるようになります。

就業規則がないデメリット

  1. 会社のルールがない。規律のない組織になりやすい。
  2. 従業員の疑念を生みやすい。
  3. 思いつきで手当や控除をしてしまい、給与計算が誤りやすい。
  4. 新しく入った従業員からブラック企業だとみなされることがある。

就業規則で会社は大きく変わります。

コステムの就業規則作成サポートの特徴に、守りだけではなく組織活性化という側面があります。

就業規則というと、一般的には労務トラブルを防止する観点から作られることが多いですが、本質的には従業員と会社とがどのような約束をするかという関係性を明文化したものです。

企業がどこを目指すのか、何を大切にするのか。そのような考え方が就業規則に求められるのは、いうまでもありません。

社員満足を向上するきっかけに

就業規則を明確にすることで、社員と会社との関係がよりオープンになり社員満足度の向上につなげていくことが可能です。

生産性向上・効率化のきっかけに

自分が何を求められているのか?何を期待されているのか?当事者意識を強める助けとなります。当事者意識の高まりは生産性の向上や効率化につながり、会社の発展に寄与します。

就業規則は、会社のルールブック。ルールブックを変えれば働き方、動き方も自然と変わってきます。就業規則ですべての問題が解決されることはありませんが、その端緒となるのが就業規則だと考えています。

コステムで未来を見据えた就業規則をつくりませんか?

コステム社会保険労務士事務所では、丁寧なヒアリングと培ったノウハウで労務トラブル防止はもちろん、組織活性化に資する就業規則づくりをサポートいたします。

コステムについて

所在地などの基本情報に加えて、
弊社代表のメッセージを掲載しています。

就業規則に関することなら
お気軽にご相談ください

お問い合わせ・ご相談

詳しくご相談をされたい場合には
お問い合わせフォームを
ご利用ください

お問い合わせする

会社案内ダウンロード

社内で検討用の会社案内を
PDFでご用意いたしました。
ダウンロードしてご活用ください

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせ

076-298-2207 平日:10:00-12:00 13:00-17:00