問題社員対応 個別相談会

4月に全企業でパワハラ防止法が適用になります。
誤った問題社員対応からハラスメント事件に発展してしまうケースも少なくありません。

そんな中、問題社員対応のご相談をいただくことが多く、
今回、石川県の経営者・責任者限定で「問題社員対応に関する個別相談会」を開催します。

セミナー概要:

日時
2022年03月18日①10:00~②11:00~③12:00~④13:00~④14:00~⑤15:00~⑥16:00~⑦17:00~ 1社最大60分
申込期限
2022年03月15日 01:30 定員に達し次第、受付を終了します。
料金(税込)
無料
場所
Zoom もしくは コステム社会保険労務士事務所相談室
定員
7名

セミナー講師:

松林 大樹

コステム社会保険労務士事務所 代表

社会保険労務士
PHP研究所認定チームコーチ

セミナー詳細:

下記の社員の対応にお困りではありませんか?
☑ローパフォーマー社員
☑会社の指示に従わない社員
☑協調性を欠く社員
☑ハラスメント傾向のある社員
問題社員に対して、退職勧奨や解雇をしたところ、退職後に残業代請求や不当解雇に関する訴訟を起こされるケースがあり、適切な対応が求められる時代です。

退職勧奨や解雇等の適切な対応方法・予防方法等をご説明いたします。
■よくご相談いただく内容、およびご説明やご提案できること
・3種の解雇と使い分け
・問題社員への適切な対応、ローパフォーマー社員への給与の減額等の対応
・解雇が難しい場合の退職勧奨方法および法的留意点
・問題社員の発生を予防する職場づくりの方法、予防労務のポイント
・問題社員に備えるリスクヘッジ型の就業規則および労務体制整備

同業者の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

こちらのセミナーは
終了致しました。

    下記のメールフォームからメールマガジンにご登録いただくと、最新のセミナー・研修情報や、人事・労務に役立つ情報をお届けいたします。

    会社名
    お名前*
    メールアドレス*

    現在募集中のセミナー

    現在募集中のセミナー

    問題行動社員 対応 WEBセミナー

    0823
    無料

    ☑ ハラスメント傾向があり、本人に注意してもなおらない
    ☑ 十分な引継ぎもなく辞めていって大変だった など
    問題社員に対して、退職勧奨や解雇をしたところ、
    退職後に残業代請求や不当解雇に関する訴訟を起こされるケースがあり、
    企業には適切な対応が求められます。

    ;