現在募集中のセミナー
2021年08月27日開催  【顧問先限定WEBセミナー】2022年4月施行 改正育児休業法で変わる企業実務対応

実績:

建設業。だらだら働く残業体質。昇給基準が不明確。人事制度導入。

課題:

  • だらだら残業体質。
  • 昇給、賞与の支給基準が不明確。毎回社長が頭を悩ませている。

施策:

  • 人事制度導入。評価基準の見直しと給与、賞与制度を連動

効果:

  • 時間当たりの生産性が高い人が評価されるようになり、だらだら残業がなくなる。
  • 評価と賃金が連動。納得性が高まる。

評価が期間あたりの売上高が主だったため、どれだけ長く働いても、問題なかったことから、だらだら残業が常態化していた。また、昇給や賞与の基準が不明確だったため、毎回社長が頭を悩ませていた。そこで人事制度を導入。評価基準の一つに時間あたりの生産性を設け、評価基準だけではなく、給与テーブル表の導入や評価と賞与制度を連動させた。

働き方改革に関することなら
お気軽にご相談ください

お問い合わせ・ご相談

詳しくご相談をされたい場合には
お問い合わせフォームを
ご利用ください

お問い合わせする

会社案内ダウンロード

社内で検討用の会社案内を
PDFでご用意いたしました。
ダウンロードしてご活用ください

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせ

076-298-2207 平日:10:00-12:00 13:00-17:00