チームコーチング

この様な悩みはありませんか?

  • 決めた事が守られない。
  • 社内や職場の雰囲気が良くない。
  • 人間関係が良くない。
  • 部門間連携がとれていない。
  • やったもん負け、言ったもん負けの雰囲気がある。
  • 会社の方向性がわからないと言う声がよく聞こえる。
  • 若手が成長しない。
  • 上司の顔色伺いや、正解探しばかりする。

企業研修や、コンサルティングの導入をしてみても、上記のような問題が結局解決しない。
そのような企業様の声をよく耳にします。

それは今まで「組織のマネジメント課題のソフトな側面」を意識してアプローチできていなかったからです。

ソフトな側面とは
組織のマネジメント課題のうち、人間的側面の課題や問題のことです。
具体的には、「人の意識」「モチベーション」「人々の思い込みや前提」「協働性や信頼関係」「コミュニケーションの仕方」「リーダーシップ」「お互いの影響関係「組織の文化、風土」等を指します。
組織のマネジメント課題について詳しく知りたい方はこちら

チームコーチングは組織のマネジメント課題のソフトな側面にアプローチすることで、今まで起こりえなかった変化をもたらすことができます。

チームコーチングとは?

集団を「チーム」に変容し課題・問題を解決するプロセスを「コーチング」の技術を用いて支援することです。
チームコーチングは組織開発の一つの効果的な手段として用いられています。

チーム

共通目的、達成目標、アプローチに合意し、 その達成を誓い 互いに責任を分担する補完的スキルを持つ 少人数の人たち
≠グループ(集団)

コーチング

対話を重ねる事を通して コーチが本人の望む目標に向かって 本人の納得するやり方で 進んでいくことを援助する技術
※主導権は各メンバー

なぜチームコーチングが効果的なのか?

そもそも、企業はチームであるべきです。少なからず企業には目的があり、そこへと向かう集合体だからです。また、全員が同じ目標に向かうことで、それぞれの力を効率よく発揮することができます。
しかし残念なことに、今の日本の企業の多くは単なる「集団」であるという現実があります。

チームコーチングを導入することで、「集団」を「チーム」へと変容していきます。
その過程で、様々な問題や障害が発生します。ただ、その答えは他者に教えてもらうものでなく、自分達で納得のいく答えを導き出さなければなりません。
そこで、チームコーチが関わることで、内なるリソースを引き出す援助をし、問題解決し、望む目標に向かっていくことで「チーム」へと変容し、より強い力を発揮できるような組織へと変容できるからです。

コステムが選ばれる理由

チームコーチングや企業研修またはコンサルティング等、組織開発の分野のサービスを提供している企業は多くあります。
その中でも弊社の強み及び、選ばれる理由をご説明いたします。

社労士事務所である

社労士は組織( 人) のハードな側面の問題解決のプロです。 ソフトな側面からのアプローチであるチームコーチングで ハードな側面の問題も多々発見されます。 お客様と共に、両面から組織の真のボトルネックを見つけ出し 目指しているゴールへと向かうサポートができます。

現実の組織の課題解決に役立つ

研修は実務と離れた内容で行われることが多いです。チームコーチングは研修ではありません。コステムのチームコーチングでは、現実にその組織が向き合うべき課題がテーマとなり現実の組織の課題解決にダイレクトに役立ちます。

豊富な実績

チームコーチまたは社労士として、小規模な組織から全国展開している大きな組織までサービス業に始まり小売業・卸売業・製造業・建設業まで幅広い業種、組織に対して多くの実績があります。
どんな組織でも安心してご依頼いただけます。

優秀な日本全国の外部パートナー

最大限のパフォーマンスを発揮できるように業種、役職、性別、年齢層などお客様の組織の特徴を考慮し日本全国の優秀な外部パートナーの中からメインコーチ、アシスタントコーチを選定します。
ベストなパフォーマンスを提供することをお約束します。

チームコーチングの事例

事例は随時更新しております。
こちらから事例の一覧をご覧いただけます。

事例一覧はこちら

料金について

料金は、以下の項目からお見積りをいたします。

  • 期間
  • チーム人数
  • オーナーインタビュー人数
  • 個人Session数
  • 開催都道府県
  • 同時契約チーム数

詳細に関してはお問合せください

チームコーチングについて問合せる