働き方改革

働き方改革は企業の必須課題

 少子高齢化と人口減少が年々進むわが国では、 社会福祉の分野だけではなく企業経営にも 様々な問題が生まれてきました。その最たるものが 労働力不足であり、企業経営にも非常に大きな影響を もたらします。 労働力不足と景気の拡大は、日本の労働に関する 「長時間働くことの美徳」が後押しをし、過労死や 長時間労働を原因とする労災を引き起こしています。 そのことは大きな社会問題として日々ニュースで取り 沙汰されています。また、「ブラック企業」という言葉も 若者の間で浸透し、若者の就職に対する意欲の低下や、採用後の定着率の低下につながっています。 このような年々悪化する労働に関する環境の是正をすべく、国が働き方改革に関する法改正に 踏み切りました。それを受け労働基準監督署も、以前より監督を強化することが明言されています。 そこで企業は「変化してしまう労働に関る様々な環境」に自社も対応しなければなりません。

ホワイト企業という新たな企業価値

インターネットで学生対象に行った働き方について気にしているポイントの調査を見ると、半数以上の学生が
「長時間労働やサービス残業があるか」(59.9%)
「ブラック企業かどうか」(56.5%)
を気にすると回答し、
「がむしゃらに働くことも厭わないので、特に気にしない」(11.8%)
と答えた学生は少数となりました。
この結果をご覧いただいてもお分かりのように就職活動において学生はこれからは働く企業で「自分たちの労働環境」について事前に気にするようになりました。
考えられる理由として、若者はインターネットにて情報を簡単に収集することができるが故に「ブラック企業」に対する悪い印象を持ち、「ネット上のくちこみ」等を通して企業を判断すると考えられます。
 そこでこれからの時代は、企業も「ホワイト企業」という企業価値を認識し、体制を整え 公示できるようにすることが人材獲得及び定着について非常に大きな用途になるります。
そのため、企業のホワイト化に向けた働き方改革に真剣に取り組むことが必要になりました。

働き方改革段階別サービス一覧