平成28年度の雇用保険料率が引き下がります。

「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が平成28年3月29日に国会で成立しました。
これにより、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの雇用保険料率は、以下の表のとおり引き下がります。
雇用保険料率
【改正内容】
・労働者負担、事業主負担を1/1000ずつ引き下がります。
・併せて、雇用保険二事業の保険料率(事業主負担のみ)を0.5/1000引き下がります。

平成28年4月1日から平成29年3月31日までの雇用保険料率とは、賃金の締め切り日が4月1日以降の給与計算から料率が変更されます。

給与計算で、保険料率や時間外手当、最低賃金を超えているのか等、気になる事がございましたら、
当所で法令等が守られているかコンプライアンスチェックもさせて頂いておりますので、是非ご相談下さい。