労働者派遣法の改正

昨日、労働者派遣法改正法が施行されました。

派遣労働者を使用する派遣先の企業にとって、
主に、

  1. 派遣労働者と自社の社員の均等待遇の推進
    ・賃金水準の情報提供
    ・教育訓練の実施
    ・福利厚生施設の利用 etc
  2. 2種類の派遣期間制限
    ・派遣先事業所単位…原則3年
    ・派遣労働者個人単位…原則3年
  3. キャリアアップの支援
    ・派遣終了後の雇入れ
    ・正社員募集の情報提供 etc
  4. 労働契約申込みみなし制度
    ・違法派遣を受け入れた場合、労働契約の申込みをしたものとみなす

といった点に対する留意が必要です。

この中で、派遣終了後の雇入れについては、
キャリアアップ助成金の活用も
ぜひ同時に検討してみてください。

現在、派遣労働者を雇入れた場合には、
助成額が加算されるといった
手厚い内容になっています。

コステムでは、助成金に関する
相談、計画・申請手続代行も行っております。
これまで多くの実績がありますので、
安心してお任せください。

昨今の人材採用・定着難もあいまって、
助成金を活用した派遣労働者の雇入れは、
今後さらに増えるかもしれませんね。

キャリアアップ助成金270410