終業時刻後の宴会等は労働時間か??

新年会、職場懇談会、QC活動等いろいろな名称で終業後の従業員の集まりが行われるケースがあります。
「その時間は時間外労働ではないか。」と指摘を受けたケースです。
これらの活動が労基法上の時間外労働となるか否かについては、単にその名称によって定められず、その会の内容、参加の趣旨、目的、その他実態に着目して判断しなければなりません。
したがって、全員参加を建前とする新年会と称しても、内容が従業員相互の親睦を深めるための飲食等を目的とする場合には、労働時間にはなりません。
労働時間に該当するのは、参加しなかった時に不利益が定められていて、明示または黙示の業務命令としていると認められる場合や、労務管理上、使用者の支配による参加強制の実態を有する場合です。