目標管理制度をうまく運用するには・・

『目標管理制度の運用がうまくいくためには、
その組織にコーチングの文化が必要になります。』

多店舗展開している小売業の
全ブロックの管理をしているリーダー17名が
多くの部下と前期を振り返り、そして今期を共にデザインするための
面談が出来るようにするため
コーチングスキルを使った面接方法が学べる企業研修を
企画から講師まで全てコステムで行いました。

「知る」≠「出来る」の考えに基づき、コステムの研修では、
座学より体験する時間を多くとり、体験からの気付きと学びを重視しています。

「言葉は知っていたけど、改めてどういうことなのか?がわかりました」
「全く自分が出来ていなかった事に気付きました。」
「アドバイスばかりしている自分に気付きました。」
などそれぞれが様々な気付きを得て終えることが出来ました。

この1ヶ月以内に全員が部下全員と面接をしてくること。
そして、その体験を基に次回の研修を行う事が決まっています。

学習、成長に対して真面目に取組み、よりよい未来をデザインしようとしている
有能なリーダー達が、成長した姿で2ヶ月後に会えるのを楽しみにしています。

1428544244409 1428547111202 DSC00706 DSC00237