労働時間の管理方法

労働時間の管理方法のひとつである「自己申告制」について相談を受けました。

自己申告制を採用する場合には、下記の3つの基準を守る必要があります。

  1. 労働時間の実態を正しく記録し、適正に自己申告を行う説明を行う
  2. 自己申告と実際の労働時間が合致しているか、必要に応じて実態を調査
  3. 時間外労働時間数の上限を設定しない