出向する社員の年次有給休暇について

出向者の年次有給休暇の扱いをどのようにしたらよいかについて相談を受けました。

在籍出向の場合は、出向元における勤続期間も通算して
必要な年次有給休暇を与えなければなりません。

一方、転籍出向の場合は、出向元との労働契約関係の解除、
出向先との新たな労働契約の締結が行われるため、
原則、勤続年数は通算されません。

出向元と出向先の有給付与条件が異なる場合
(どちらかが、法定付与条件を上回っている場合など)や
連結決算関係にある企業同士などグループ会社における出向などの場合は、個別の判断が必要になる可能性もあります。

人事異動の準備などを進める時期でもあり、
出向元、出向先どちらのルールを適用させるべきかを含め
改めてルールを確認されるのもいいかもしれませんね。